ツイッターには見たくない情報も入ってくる

PR|風評被害対策をお考えなら |ブランディング事例が多数 |故人の備品の整理業者|栃木のMRIを受けられる病院|新潟県で人気の注文住宅なら|レンタルオフィスを港区にお探しなら|

ツイッターを始めてから面白いなと今でもずっと思っているのが、リツイートされてくるいいねが多いツイートです。そのどれもがウィットに富んでいたり、珍しい動画だったり、その通りだと思える社会的意見であったりします。それを知れるのは面白く、世の中にはこんなこともあるのだなと楽しく思います。有名なものであればこんな一般人にも情報が回ってくるのはすごいと思います。
しかし、一方で見たくなかったような情報も回ってくることがあります。例えば炎上しているようなツイートです。頻度は少ないですが、この人はこんなに道徳的に難がある人だから、皆でつるし上げようというような意図があるようです。写真や動画であれば、自分で見られないように設定できますが、どうしても文字だけだと知りたくない、見たくないような情報を完全に省くことはできません。あまりに酷い内容は運営側が削除することもありますが、なかなかそれを実行に移してはくれません。
例えば、ある人がものすごく人としてアウトだとしましょう。そしてその人を通報すると、運営側から連絡が来ます。実際、不快に思った私はこれをしたことがあるのですが、この時は完全にツイッターの方針からしてもずれている人だと認識され、その旨が送られてきました。ところが、その後どう処置をしたかはわからず、相変わらずアウトだという人は平気で道徳心のない酷い差別発言を繰り返していました。これを思うと、違反していてもなかなか捕まえてはもらえないと判断できます。また、アカウントを別のものに変えてしまえば、凍結されたとしてもまた同じ人がツイートできるようになってしまうのも改善しなければならない点です。悪い人もいるのだと思うと、中高生がツイッターを始めるのはまだまだ早すぎるように感じます。自分では大人だと思っていても、今思うと私自身もそうでなかったとわかります。見たくない情報があれば、すぐにブロックすることをオススメします。

PR|副業ランキング|サイドビジネス|心の診断|ページランク ランキング|童話集|相互リンク募集サイト|オーディオ|四季の童話集|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|